会社概要

社  名 株式会社 金   鵄
所 在 地 704-8132岡山市東区邑久郷2505-8
創  業 昭和50年10月1日(金鵄商店)
法人設立 昭和58年4月22日(株式会社 金鵄)
資 本 金 3,000万円
年  商 5億5100万円(平成28年3月)
従業員数 32名(役員、パート含む)
決 算 期 3月31日
TEL/FAX 086-946-8678 / 086-946-1817
e-mail okayama@kinshi.ne.jp
URL http://www.kinshi.ne.jp
ネットショップ http://www.kinshi.ne.jp/outstyle/
本社工場

企画、営業、から製造、出荷までの
全ての業務はこちらで行っています

物流倉庫

所在地 岡山県岡山市

延べ床面積 330m2

・大量出荷、輸入コンテナの保管など
の業務を行ってます。

裁断工場

所在地 岡山県岡山市正儀

延べ床面積 ㎡

・生地の裁断及び保管の業務を行っています。

ビーズ加工工場

所在地 岡山県岡山市

・ビーズの発泡から吹き込み加工までを行っています。


社  名
SHANGHAI JINMEI TEXTILE CO.,LTD.
所 在 地
4515 hangtang road, fengxianqu, shanghai, China
創  業 2008年2月1日
従業員数 35名
自社中国工場

原料調達、側地縫製を行っています。


社  名 有限会社 金鵄コーポレーション
代表取締役 窪田 充孝
所 在 地 岡山市東区邑久郷2505-8
資 本 金 300万円
法人設立 昭和58年8月1日
年  商 7,700万円
TEL/FAX 086-946-8678/086-946-1817

沿革

昭和50年 10月 金鵄商店を創業 クッションの縫製メーカーとして発足する。
昭和51年 4月 縫製工場を新設 縫製ライン増設の為、新工場を建設する。
昭和53年 5月 本社工場を増設 自動縫製ミシン導入と縫製ライン増設の為、本社工場の拡張を行う
昭和54年 8月 裁断工場を増設 裁断効率を高める為、延反機の導入に伴い裁断工場を増設する。
昭和58年 4月 「株式会社 金鵄」に社名変更 資本金400万円で法人化。
昭和59年 綿詰め製造ラインの導入 製綿から完成品までの一貫生産ラインが完成
昭和63年 6月 出荷スペース増設 生産ラインの見直し、労働条件の改善、新商品の開発、
平成4年 6月 営業形態の変更 流通経路短縮を目指し、量販店直販方式を始める。
平成7年 8月 自動リングミシンの導入 仕上げ用ミシンを自動化し、生産ラインを改善する。
平成9年 5月 自動延反機の導入 延反機を自動化し、裁断効率を改善する。
平成10年 11月 カーテン用縫製設備の導入 カーテン、のれんの縫製を始める。
平成12年 2月 第二工場の新設 事業拡大により第二工場を建設する。
平成13年 9月 ビーズ製品生産ラインの導入 ビーズ製品の増大に伴い、自社加工を始める。
平成15年 10月 ウレタン裁断機の増設 ウレタン製品の増大に伴い、自社加工を始める。
平成16年 2月 第二工場を本社工場に変更 業務の一本化を図り、本社及び生産拠点を第二工場に集約させる。
4月 「東京ギフトショー」出展 全国的な販路拡大に向けて、自社の企画デザインを始めた集大成を出展する。
8月 ウレタン加工ラインの導入 ウレタンの自社加工ラインを増設し、販路及び取扱い商品群を拡大する。
低反発ウレタンの加工も始める。
平成17年 5月 中国製品輸入販売の開始 営業形態拡大に伴い、中国製品の輸入販売を始める。
平成18年 10月 中国縫製工場の設立 協力会社との共同出資により、中国に自社専用縫製工場を増設する
平成19年 9月 物流倉庫の増設 海外製品の増加に伴い、自社の物流倉庫を増設し
平成20年 2月 中国上海工場の創業 海外の生産拠点として自社出資工場「上海金致紡織品 有限公司」
平成21年 11月 金鵄コーポレーションにてビーズ発泡機、送流設備の増設 ビーズ原料の自社発泡を開始し、販路及び取扱い商品群を拡大する。
平成22年 3月 発泡ビーズ用サイロを3基増設 発泡ビーズの品種拡大
平成23年 6月 大阪出張所の設立 営業形態拡大に伴い、東日本への販売強化を始める
平成24年 2月 発泡ビーズ用サイロを3基増設 発泡ビーズの品種拡大
12月 ネットショップの開設 自社開発商品の自社販売を始める
自社ブランド「アウトスタイル」を屋号とする